印刷用ページはコチラをクリック

プロセス

  • 患者さんの診察 問診と触診のポイント
  • 疥癬の臨床症状 視診のポイント
  • ヒゼンダニの検出方法 顕微鏡検査
  • ヒゼンダニの検出方法 ダーモスコピー検査
  • 角化型疥癬(ノルウェー疥癬)について

ヒゼンダニの見つけ方 総監修:国立感染症研究所ハンセン病研究センター センター長 石井 則久先生 監修:九段坂病院 皮膚科 顧問 大滝 倫子先生、赤穂市民病院 皮膚科 部長 和田 康夫先生

疥癬の確定診断について

まずは疥癬に疑いを持ってください。

疥癬はヒゼンダニによる感染症で、ヒトの皮膚の角質層に寄生することによって発病します。日本皮膚科学会が2007年に発表した「疥癬診療ガイドライン」において、その診断は

  1. 臨床症状
  2. 顕微鏡検査やダーモスコピー検査などによるヒゼンダニの検出
  3. 疥癬患者との接触機会を含めた疫学的流行状況

の3つを勘案して行うとしています。特に顕微鏡検査やダーモスコピー検査などでヒゼンダニが検出できれば「確定診断」となります。

※石井 則久ほか、日皮会誌.117:1-13.2007

一番重要なことは疥癬の疑いを持つことです。

疥癬は確定診断(ヒゼンダニの検出)が難しい病気です。確定診断をつけるために一番重要なことは、疥癬の疑いを持つことです。ここで紹介している問診・触診、視診のポイント、臨床症状、特に疥癬トンネルの見つけ方、検出方法のポイントなどを参考にして、ヒゼンダニの検出に努めてください。

このページのトップへ

疥癬確定診断ムービー

「はじめに」を見る
( FLV形式 1:15 / 4.9MB

疥癬確定診断ムービー「はじめに」

ツールオーダー(資料請求)

患者さま用指導箋などを無料でお届けします。

  • はじめての方はこちら
  • 会員の方はこちら
関連コンテンツ